同窓会について

母校、橘高校は旧制「川崎市立橘中学校」として1942年(昭和17年)設立認可を受け、川崎市内唯一の男子校(他には女子校の市立高女[現在の川崎市立川崎高等学校]、高津高女[現在の川崎市立高津高等学校]の2校があった。)としてその歴史をスタートさせました。
当時の流行語が『欲しがりません勝つまでは』の時代です。
橘高校同窓会はその約10年の時を経た1943年(昭和28年)1月18日設立されました。
以来有史60余年、半世紀の時を経て現在会員数は2万2千人を超え、母校橘高校も2012年には70周年を迎えました。

移設された 噴水

今までに同窓会では1972年(昭和47年)「噴水」を寄贈。旧校舎正門を入ると真っ先に目に入るのがこの噴水で、まさに橘高校のシンボル的存在でした(現在現校舎中央に移設)。
南武線の車窓より、この噴水をみては青春の郷愁を感じていた同窓生も多いはずです。
この噴水は母校創立30周年記念に同窓会が卒業生とともに寄贈したものです。

2002年には50年の風雪に耐えた校旗の新調に卒業生、PTAとともに支援を致しました。
その他、毎年の全日制橘花祭、定時制文化祭への賛助、また、全国大会・関東大会出場の部活動への賛助をはじめ、文化的活動など在学生徒の様々な活動に対しての支援などを通して、母校橘高校の発展に微力を尽くしております。

「学校あるところに卒業生あり」

10代~80代までの幅広い会員諸氏は、各方面にてご活躍されております。母校発展のための同窓会活動に何卒ご理解とご協力を賜りたいと思います。

2002年 新調の校旗

同窓会長ごあいさつ

同窓会長鈴木正則

会員の皆様には、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
皆様には、同窓会活動にご理解、ご協力を賜りありがとうございます。
今年も69期生三百余名の新会員の皆様をお迎えし、二万二千名を超える大所帯となり、同窓生も各分野で広く活躍されておられます。同窓会も2017年1月に設立65周年を迎えます。
ここに会報「たちばな」17号をお届けいたします。会報は同窓会のPRの場であり、皆様に親しまれ読んでいただける広報誌として、努力をしておりますので、ご意見ご要望等をお寄せ下さいますようお願いいたします。

 さて高校七期水嶋康雅様の浄財により、平成21年に創設されました「同窓会橘基金」は、給付型奨学金を主目的として活動しており、ひたすら努力を重ねる在校生への支援のため、趣旨にご賛同をいただきご協力を併せてお願い申し上げます。
母校も今年の四月、開校75周年を迎えました。全日定時制ともに部活動が盛んであり、複数の部活が全国レベルの大会へと出場しております。皆さんも母校の試合日程と時間の都合が合致したらぜひ応援に参加して下さい、その会場の雰囲気は、在校生・父母・同窓生と一体となっての応援は素晴らしいものです。
長い人生のなかで、卒業年度は違っても、青春の短い時期を橘で学んだ同窓生、会員の皆様の益々のご活躍を祈念し、同窓会へのなお一層のお力添えをお願い致します。

(会報17号より 平成29年9月記)

沿革

沿革
母校創設から今日までの道のりです。

同窓会会則

会則
本会の会則です。

ウェブサイト運営方針